スポーツ

2017.01.11

ブレーブスの主砲F.フリーマン、カナダ代表としてWBC出場か

カナダ代表としてWBCに出場するF.フリーマン。(Getty Images)カナダ代表としてWBCに出場するF.フリーマン。(Getty Images)

 アトランタ・ブレーブスの強打者フレディ・フリーマン一塁手が、3月に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に両親の出身地であるカナダ代表として出場する可能性が高いことが分かった。

 これはメジャーリーグ公式サイト『MLB.com』が現地10日に報じたもの。同サイトによると、フリーマンは今後1週間から10日ほどで決断を正式発表する見込みだという。

 カリフォルニア州出身のフリーマンは以前、WBCについて自身の想いを語っていたようで、フリーマンが10歳のときに亡くした母親の出身地がカナダであり、母へのトリビュートという意味でもその国を代表してプレーするのが夢だと話していたという。

 本来カナダ代表のファースト候補には、ジョーイ・ボットとジャスティン・モーノーが挙がっていたが、今回ボットがWBC出場を見送ったことから長年の夢を叶える機会が巡ってきた。

 27歳のフリーマンは昨季、158試合の出場で打率.302、34本塁打、91打点と大活躍し、ナ・リーグのMVP投票では6位につけた。2013年と2014年にはオールスターにも選出された実績がある。

 

みんなの声

スポーツ

映画