スポーツ

2017.01.11

昨季世界一のカブス、16日にもオバマ大統領へ表敬訪問

カブスをホワイトハウスへ招待したオバマ大統領。(Getty Images)カブスをホワイトハウスへ招待したオバマ大統領。(Getty Images)

 昨季108年ぶりに世界一に輝いたシカゴ・カブスが、16日にもバラク・オバマ大統領のもとへ表敬に訪れることが分かった。メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』が現地10日に報じている。

 カブスと同じ地元のシカゴ・ホワイトソックスファンとしてよく知られるオバマ大統領は、カブスのワールドシリーズ制覇が決まると、自身のツイッターに祝福のメッセージを投稿し、ジョー・マッドン監督にホワイトハウスへの招待の電話をするなどしていた。

 しかし、オバマ大統領の任期終了が1月20日に迫る中、カブスの表敬訪問は間に合うのかこれまで不明であったが、この日、カブスのメンバーが今週末のファンとのイベントに出席した後に、ホワイトハウスへ飛び立つことが明らかとなり、無事に間に合う見通しとなった。

 『MLB.com』によると、オバマ大統領は8年間の任期の中で、ニューヨーク・ヤンキースやボストン・レッドソックスなどメジャーリーグ6球団の訪問を迎え入れており、カブスが7球団目になるという。

みんなの声

スポーツ

映画