スポーツ

2017.01.11

セードルフ氏、ミランにエール 「若手は周囲の助けなしには成長しない」

ミランのレジェンドであるセードルフ氏(Getty Images)

 ミラン(イタリア)のレジェンドで指揮官も務めたクラレンス・セードルフ氏が、古巣に言及。現在の成績や選手の奮闘に満足しつつ、さらなるタイトルを手にするためには若手選手だけでは不十分だと語った。伊サイト『calciomercato.com』が現地時間10日に伝えている。

 今季ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督を迎えたミランは、ジャンルイージ・ドンナルンマを筆頭にマヌエル・ロカテッリ、エムバイェ・ニアンなどの若手が躍動。年末にはユヴェントスとのイタリア・スーパーカップを制してタイトルを手にし、現在セリエAでも5位につけている。

 セードルフ氏は、「私はつねにミランの情報を追っているよ。若手選手については、多くのことを耳にしている。しかしどんなクラブであれ、若手の成長のためには、(若手と経験豊富な選手の)バランスの取れたメンバー構成がいつだって必要なんだ。若手は、周囲の助けなしで成長することはない。自分たちだけですべてを行なうことはできないんだ」と、若手の成長を促すためにもベテラン選手の力が必要との見解を示した。

 また、「ミランだけでなく、イタリア全土で面白い若手選手が多く出てきているから、とてもうれしいね。彼らがしっかりと練習し、時間を与えられるよう願っている。イタリアはチームが好結果を出す力となる、新世代を必要としているからね」と、若手のさらなる躍進を願っている。

 セードルフ氏は現役時代、2002年から12年までミランでプレーし、2度のチャンピオンズリーグ優勝や2度のセリエA優勝などに貢献。ボタフォゴ(ブラジル)在籍時の14年に古巣からの指揮官就任要請を受けて現役生活にピリオドを打ったものの、混迷期にあったチームを救うことはできす。13-14シーズン終了をもって解任されていた。

 

みんなの声

スポーツ

映画