スポーツ

2017.01.12

ディバラ躍動のユーヴェ、逃げ切って8強 準々決勝でミランと対戦の可能性/コッパ・イタリア

1ゴール1アシストの活躍を見せたFWディバラ(Getty Images)

 コッパ・イタリアは現地時間11日に5回戦の2試合が行なわれ、王者ユヴェントスとフィオレンティーナが準々決勝へと進出。いずれも、若手アタッカーがチームを牽引した。

 ユーヴェはホームでアタランタに3対2と勝利。イグアインを休ませた王者は、22分に23歳ディバラのエリア外からの強烈なボレーで先制。34分にはディバラのアシストからマンジュキッチが追加点を挙げ、2点差で前半を終える。

 しかし、62分にディバラをベンチへ下げると、72分にコンコに1点を返される。その3分後にリヒトシュタイナーが倒されて得たPKをピャニッチが決めて再び突き放したものの、81分に18歳ラスにゴールを許し、またも1点差へと詰め寄られる。ユーヴェがホームで2失点したのは、約1年前のチャンピオンズリーグ・バイエルン(ドイツ)戦以来。最後は薄氷を踏む思いでの勝利となった。

 逃げ切ってベスト8進出を決めたユーヴェだが、DFバルザリは「厳しい試合になることは分かっていた」「本当に危なかった」と冷や汗をかいたことを認めている。

 フィオレンティーナは、ホームでキエーヴォに1対0と勝利。前半ロスタイムにラドヴァノヴィッチの退場で数的優位に立ちながら、リードを奪えず、71分にサラテが一発退場となったフィオレンティーナだが、ロスタイムにベルナルデスキがPKを獲得。この試合でクロスバー直撃のシュートを放っていた22歳のイタリア代表FWが自ら決めて、競り勝った。

 準々決勝で、ユーヴェはミラン対トリノの勝者と、フィオレンティーナはナポリと対戦する。(STATS-AP)

 

みんなの声

スポーツ

映画