スポーツ

2017.01.12

河北華夏幸福がJ・ロドリゲスへのオファーを否定 「一切コンタクトはない」

中国勢からの関心が噂されるJ・ロドリゲス(Getty Images)

 河北華夏幸福(中国)が、レアル・マドリー(スペイン)MFハメス・ロドリゲスへのオファーの噂を否定した。スペイン『マルカ』紙(電子版)が現地時間11日に伝えている。

 元レアル指揮官のマヌエル・ペジェグリーニ監督が率いる河北華夏幸福は、移籍金1億1000万ユーロ(約134億円)、年俸3000万ユーロ(約36億5000万円)を用意してJ・ロドリゲスの獲得に動いていると報じられた。

 しかし、クラブの広報担当は「我々はレアル・マドリーにもJ・ロドリゲスにも、一切コンタクトを取っていない」と噂を一蹴。「我々は明確なプランと、監督の基準に基づいて選手の補強を行なっている」と、同選手の獲得はプランにないと述べている。

 『マルカ』紙によれば、エセキエル・ラベッシ、ジェルヴィーニョ、ガエル・カクタ、ステファン・エムビアといった欧州トップクラブでプレーしていた選手たちと契約を結んだ同クラブは、現在国内のマーケットに目を向けているとのこと。

 なお、J・ロドリゲスについては広州恒大、上海申花といったほかの中国勢からの関心も報じられている。(STATS-AP)

 

みんなの声

スポーツ

映画