スポーツ

2017.03.01

J2大分GK高木駿 目標の西川周作が育ったチームで再起を誓う

川崎フロンターレが天皇杯で快進撃を続けていた昨年末のこと。大分トリニータへの移籍が決まっていた高木駿は、新天地への思いをめぐらせながらも目の前の試合に集中していた。「このチームにいなければ今の僕はないのは確か。フロンターレには感謝している。残ってクラブのためにやりたいという気持ちはあったが、プロである以上は試合に出て自分の力を試したい。環境を変える必要があった。そのなかで大分からシーズンが終わる前からオファーがあり、自分を必要としてくれているのを感じた」

誠実で真っすぐな男だ。簡単にクラブを去ることはできなかった。その一方で、仮に残留したとしても……という思いもあった。正GKチョン・ソンリョンの壁を越えられず、出場機会に恵まれない日々が続き、移籍を決断した。決めたからにはと入団会見のときから「フロンターレ仕込みのノリ」で大分に馴染むことに務めた。積極的に話し掛け、周囲を和ませた。ただ、プレーでは大分のサッカーに馴染んでいるとは言い難い。セービングに加えてフィードの技術は高いが、GKを起点とするビルドアップに戸惑いがあるようだ。

「つなぐ場面と縦を狙うタイミングの判断が難しい。でも、(高校まで)ヴェルディで学んだことがようやく活かされそう。足もとには自信があるので大分のサッカーと僕は相性がいいと思っている」
目標とする西川周作が育ったチームで「パントキックでアシストしたい」と今季の目標は明確だ。開幕まであとわずか。猛アピールで正GKの座を狙う。

【柚野真也(trinita eye)】ゆの しんや。1974年、大分県大分市生まれ。大学卒業後、専門紙の記者として活動。その後、フリーランスのライターとして活動を開始。JリーグからFリーグ、バスケットボールのbjリーグなど、九州のスポーツシーンを数多く取材。「週刊サッカーダイジェスト」、「J2マガジン」「九州Jパーク」などサッカー専門媒体や、朝日新聞大分頁で毎週土曜にスポーツコラムなど執筆している。

みんなの声

スポーツ

映画