みんなの声

2017.03.14

手のひらをチェック! 感情線でわかる恋愛傾向

tsuppyinny / fotolia

「感情線」とは、小指の下2センチくらいのところから、人差し指の方へと伸びる線の名前です。その名の通り、性格の感情面の傾向がわかる線です。また、感情線が人差し指の方に向かってまっすぐなのか、上向きなのか下向きなのかを見ることで、恋愛傾向を知ることができます。では、実際に見てみましょう。

■感情線がまっすぐ……クールな恋愛観

感情線が、小指から人差し指に向かってまっすぐに伸びている人は、恋に夢中にならないクールなタイプ。直線であるほど、その傾向は強まります。無茶なアプローチもしませんし、脈がないと思ったらさっと引くことができるので、恋愛で失敗することは少ないでしょう。反面、付き合いがスタートしてもクールな姿勢を崩さないので、冷たい人と思われたり、「本当に好きなのかな?」と、相手にいらぬ不安を抱かせてしまうことも。

■感情線が上へカーブしている……素直な恋愛観

感情線が、小指から人差し指に向かって自然な感じで上へとカーブしている人は、順調な恋愛をするタイプ。自分の気持ちをちゃんと相手に伝えられるので、ケンカや誤解が少なく上手に付き合うことができます。上に向かって急にカーブしている人は、情熱的な恋愛をします。相手しか目に入らず、だんだんと感情を押し付けるようになりトラブルになることも。付き合う人数が多くなってしまい、結婚まではなかなか行きつきません。不倫に注意の手相です。

■感情線が下へカーブしている……尽くし型の恋愛観

感情線が、小指から人差し指に向かって下へとカーブしている人は、とても気の優しい人で、尽くす恋愛をするタイプ。相手の状況や気持ちを考えすぎてしまって、言いたいことをなかなか言えません。不満や不安があっても、「これを言ったら悪いなあ」と、口に出さずに我慢してあきらめてしまいます。カーブがゆるやかか急かは関係なく、下向きのカーブの人にはこのような恋愛傾向があります。

■感情線の「長さ」にも注目!

また、感情線の長さでも恋愛傾向を読み解くことができます。人差し指と中指の間あたりが終点となっている線の長さを標準とします。標準の長さの人は、感情のバランスがとれていて、恋愛もじっくり慎重に育てます。それより長い場合は、感情豊かで情熱的な恋愛を好み、独占欲は強めです。短い場合は、クールで落ち着いた恋をします。

感情線はチェックしやすい線です。気になる相手の手のひらを見ることができるチャンスがあったら、ぜひチェックしてみてください。

(文 / 藤花)

■藤花(とうか)
浅野八郎氏の講演会をきっかけに手相や気学、顔相などに興味を持ち、タロット占いについてはカードの読み方を独自に研究。また、一部上場企業に勤める夫に付き添って駐在したマレーシアや中国での経験で風水に出会い、独自のカウンセリング法を確立するべく、日々研鑽を積む。誰もが笑顔で帰ってもらえる、元気が出る鑑定を心がけている。個人鑑定は「藤花の幸せブログ」にて受付。モバイル占い「99%の奇跡」、PC占い・iPhone/Androidアプリ「横浜元町の母」好評配信中。



この記事に関するアンケートはこちら

 

【あわせて読みたい】

 

 

▼dポイントでお得! 

みんなの声

スポーツ

映画