みんなの声

2017.01.05

スター・ウォーズ・シリーズはどこから観ても楽しめる?

1977年に第1作目が公開され、現在シリーズ初のスピンオフ作品が公開中の映画、スター・ウォーズ・シリーズ。世界中に多くのファンを持つ超大作ではあるものの、ファン以外では「なぜ何作も続いているの?」「何がそんなに面白いの?」と思っている人も意外と多いかもしれません。もちろん、作品名は聞いたことがあるし、主要な登場人物の名前も言える、宇宙を舞台にした作品であることもわかるけれど、詳しくは知らない…、そんな人のために、同シリーズの見所などをざっと紹介していきましょう。

■映画中の時系列と公開順が違うのはなぜ? どこから観るのがおすすめ?

同シリーズは、全9作からなるスペースオペラです。現在エピソード7まで公開されていて、残り2作も今後公開予定とされています。同シリーズを敬遠する人の多くが、「他の作品を観ていなし、何から観ればいいのかわからない」と思っているかもしれません。これから観ようと思っても、映画中の時系列と公開順が異なっているため、公開順が良いのか、エピソード順が良いのか、はたまた、気になったものから観ても良いのか…、悩ましいところでしょう。映画の公開順に作品を並べると以下のようになります。

【旧三部作】
エピソード4/新たなる希望(1977年公開)
エピソード5/帝国の逆襲(1980年公開)
エピソード6/ジェダイの帰還(1983年公開)

【新三部作】
エピソード1/ファントム・メナス(1999年公開)
エピソード2/クローンの攻撃(2002年公開)
エピソード3/シスの復讐(2005年公開)

【最新三部作】
エピソード7/フォースの覚醒(2015年公開)
※残り二作は、今後公開予定。

また、現在公開中の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、第1作目のエピソード4の直前を描いたアナザー・ストーリー(スピンオフ作品)です。

同シリーズの筋書きをざっくり言うと、「悪の勢力によって滅亡しかけた善の騎士“ジュダイ”が、銀河の平和を取り戻す」というもの。シリーズ第1作目のエピソード4では、悪の勢力によって銀河が征服された状態が描かれており、【新三部作】であるエピソード1~3で、そこに行き着くまでのいきさつが語られているのです。

しかしなぜ、映画中の時系列通りに公開されなかったのでしょうか?それは、シリーズのなかでも話がわかりやすいエピソード4を最初に公開することで、ファンを獲得しやすいだろう、という理由からだそう。
そう考えると、これからシリーズを観ようと思うのであれば、時系列順に楽しむのもアリですが、やはり公開通りの順番で観るのが良いと言えそうです。

■撮影技術やCGなどの進化を楽しむのもアリ!

また、公開通りの順番で観るのがおすすめの理由はもうひとつ、撮影技術やCGなどの進化が楽しめること。同シリーズの見所のひとつである戦闘シーン、ライトセーバー戦などでは、シリーズを重ねるごとに、撮影技術が向上していることがわかるはずです。とくにこれからシリーズを一気に観てみると、違いがいっそう比較できて楽しいかもしれませんね。

もちろん、同シリーズが多くのファンを魅了しているのには、作品に登場する個性あふれるキャラクター、名優ぞろいのキャスト、わくわくするようなアドベンチャーなど、さまざまな要因があります。さらに、ファン同士であれば、世界中の人と共通の話題で盛り上がれる、というのも面白いところでしょう。「いままで観ていなかったから、いまさら…」と、尻込みしている人は、まずは試しに1作観てみるのも良いかもしれませんよ。意外と、その世界にどっぷりハマッてしまうかも!? (文/ムラベ@H14)

この記事に関するアンケートはこちら

 

【あわせて読みたい】

 

 

 

みんなの声

スポーツ

映画