みんなの声

2016.10.28

ハロウィンで出会いをつかむ鉄板のテクニック

年々規模が大きくなってきている気がするハロウィンイベント。10月31日に、繁華街でコスプレをして闊歩する人を見るのはめずらしくなくなりました。人が増えれば増えるほど、出会いのチャンスも多くなるはずですよね。そこで今回は、ハロウィンで出会いをつかむ方法をお教えします!

■今年の"モテ仮装"はぺこ&りゅうちぇる!?

ハロウィンイベントに参加するからには出会いを期待していたのに、連絡先を交換することはおろか、誰とも仲良く話すことさえできない…なんて人もいると思います。やっぱり、自分から話しかけるのは難しい…そんな人は、自分から話しかける努力をするのもいいですが、“話しかけてもらえるようにする”という手があります。そこで大切になってくるのが、なんといっても仮装。どんな仮装をして行くか、そしてそのクオリティがとても重要になってきます。

まず、今旬であったり人気の高かったりするキャラクター。その仮装をしているだけで、キャラクターのファンなどが興味を持って話しかけてきてくれるはずです。今年で言うならテレビで見ない日はないぺこ&りゅうちぇるがおすすめ! カラフルな服装やヘアバンドなど真似しやすく、さらに一目でぺこ&りゅうちぇるだとわかるのもポイント高めですよね。芸能人でさえも真似したくなる彼女たちの人気にあやかって、ハロウィンの日は自分たちも目立っちゃいましょう! ただし、行ってみるとその仮装の人が多すぎて埋もれてしまった…なんてこともあるので注意も必要です。そこを逆手にとって、同じ仮装だからこそ仲良くなるなんてこともアリですよね。特にぺこ&りゅうちぇるは男女ペア。異性とも仲良くなりやすいかも?

■「写真撮っていいですか?」は最大のチャンス!!

もしあなたに高い仮装の技術があるのであれば、メイクや衣装、髪型のクオリティをとことん高くして行くこともかなりおすすめです。仮装だらけのなかでも、クオリティが際立っていれば必ず目を引きます。そして、「あの人の仮装すごい!」となれば、自然と人が話しかけてきてくれるでしょう。

そして必ず言えるのは、話しかけてきてもらった先に、写真を求められることが多いという点です。人気キャラクターやクオリティの高い仮装の人がいたら、記念に写真を撮りたくなりますよね。私も実際に、一般の人で本物と見間違えるほどクオリティの高い仮装をしている人の前に撮影待ちの列ができているのを見たことがあります。

ここで忘れてはいけないのが、写真を撮った後「いま撮った写真を自分のスマホにも送ってほしい」と伝えること。ほら、自然に連絡先が交換できちゃいました。この流れなら、自分から話しかけなくても自然と連絡先までゲットできちゃうんです。逆に、写真を撮らせてもらうのをきっかけにするものありですね。

ハロウィンはある種お祭り。開放的な気分になる人も多いはず。1年に1度しかない出会いのチャンスをぜひ無駄にしないように!

(文/竹内琴子@HEW)

この記事に関するアンケートはこちら

みんなの声

スポーツ

映画