みんなの声

2016.12.28

見習うべきは「男好きする女性」!? “姫力”アップのために知っておくこと

「人生で一度くらいは、チヤホヤされたい! モテてみたい!」と思ったことはありませんか? とくに、恋愛がうまくいかないときや、失恋したとき、「モテる人は何かと得だし、きっと意中の相手からもすぐに振り向いてもらえるはず…」なんて考えが頭をよぎることも。それでは、異性にチヤホヤされる人――女性の場合、“男好きする女性”とは、どういう人でしょうか?

■モテる女性は、ズバリ“フェロモン”が多い女性

そもそも“男好き”という言葉には、「男の気持ちを惹きつける」という意味と、「男(との情事)を好む」という意味、両方の意味が含まれています。それぞれの意味は微妙にニュアンスが違いますが、「男の気持ちを惹きつける女性」というのは、自覚無自覚に関わらず「男を惹きつけるフェロモン」を出していて、結果、「男(との情事)を好む女性」になるというのです。
そう聞くと、“男好きする女性”とは、誰もが見とれる美貌の持ち主、というイメージを抱く人もいるかもしれませんが、実はその限りではないようです。同性からは「なんであの娘が…」と不思議がられるような女性が、多くの男性に言い寄られるケースも少なくありませんよね。そういった女性の不思議な魅力は、“姫力”とも呼ばれ、姫力を持った女性は、男性が好むフェロモンを意識的に、あるいは無意識に出しているのかもしれないというのです。

フェロモンとは、生物が同種類の生物とのコミュニケーションをとる手段のひとつで、汗腺などの器官を通して、体外に放出されることがわかっています。フェロモンと聞くと、「ホルモンと何が違うの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、カンタンに言うと、フェロモンはホルモンから作り出されるもので、ホルモンは自分自身に作用するもの、フェロモンは相手に作用するもの、という違いがあります。そして、フェロモンには「異性をひきつける」作用があるのです。

■フェロモンを増やす方法とは?

それでは、フェロモンを増やす方法にはどんなことが考えられるでしょうか? 
ひとつは、ズバリ、「恋をすること」です。よく「恋をするとキレイになる」と言われますが、これには理由があり、恋愛をするときの“ドキドキ”する気持ちが、フェロモンの分泌を大きく高めてくれることがわかっているそうです。
また、健康的な生活をすることも、フェロモンを増やす方法として効果的なんだそう。規則正しい生活習慣や栄養バランスの取れた食生活、適度な運動によって、女性ホルモンが正しく分泌され、結果、フェロモンを増やすことにつながるというのです。

■フェロモンの大敵はストレス! ストレスを発散して“モテ”を目指そう

そして、フェロモンの大敵はストレス。もちろん、日々生活をしていると、何かとストレスを感じることもありますが、ストレスを溜めないように意識し、発散方法を見つけておくことが、フェロモンをアップさせるのには、とても大切なのです。

モテる女性になる(“姫力”をアップさせる)の方法は、決して特別なことではなく、毎日を健康的に楽しく過ごしていれば実践できるものばかり。いますぐ始めて、“モテモテ”になってみませんか?

(文/ムラベ@H14)

この記事に関するアンケートはこちら

 

【あわせて読みたい】

みんなの声

スポーツ

映画