みんなの声

2016.08.16

新シーズンがスタートしたフィギュアスケート界

長谷川 仁美

フィギュアスケートガイド 長谷川 仁美 / All about

2016-17シーズンがスタート!

undefined

 

夏にもフィギュアスケート界には、さまざまな動きがありました。今回は、7月のフィギュアスケート界での出来事をおさらいします。

毎年7月1日は、フィギュアスケート界にとっての新年。この日から新しいシーズンがスタートします。これから本格的な暑さが始まるこの同じ日に、グランプリシリーズ6大会のアサイン(大会ごとの出場選手エントリー)が発表されました。

▼アサインは、こちらから。
男子シングル
女子シングルペアアイスダンス

日本大会であるNHK杯は、11月25~27日まで、北海道・札幌市で開催されます。おもなNHK杯出場予定選手は、以下の通り。

男子シングル
羽生結弦、田中刑事、山本草太、ミハイル・コリャーダ、ジェイソン・ブラウン、ネイサン・チェン

女子シングル
宮原知子、樋口新葉、松田悠良、アンナ・ポゴリラヤ、マリア・ソツコワ、ポリーナ・エドムンズ、長洲未来

ペア
須藤澄玲&フランシス・ブードロー=オデ、メーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード、クセニア・ストルボワ&ヒョードル・クリモフ

アイスダンス
村元哉中&クリス・リード、平井絵己&マリオン・デ=ラ=アソンション、ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン、アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテ、ヴィクトリア・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ、テッサ・ヴァーチュ&スコット・モイア


シニアグランプリデビューとなる山本、チェン、樋口、松田のフレッシュな演技も、2シーズンの休養から復帰するヴァーチュ組の貫禄も、今から楽しみです。

と同時に、各選手の新しいプログラム情報も続々と聞こえてきて、そのたびに「どんな振付けかな?」「衣装は何色かな?」など、想像を膨らませ、楽しい気持ちでいっぱいになる時期でした。


そんな中、寂しい引退情報もありました。まだ21歳のアメリカ男子シングルのジョシュア・ファリスが引退を発表しました。2013年世界ジュニア選手権では優勝し、四大陸選手権や世界選手権にも出場したファリス。端正なスケートとどこか陰を感じさせる演技が相乗した彼の魅力は、20歳を越えてからさらに開花するものと感じていました。

2015年7月、4回転練習中に頭を打ったことで脳震盪を起こし、その後2度脳震盪を起こしたことから、スケートだけでなく日常生活でも苦しむことが多かったといいます。昨シーズンは、ガブリエラ・パパダキスも、脳震盪の影響でシーズン前半戦を欠場することとなりました。程度にもよりますが、脳震盪というものが想像以上に危険な状態だということも浮き彫りになりました。

振付師としてスケート界に残るというファリスには、ぜひ近い将来、素晴らしいプログラムをたくさん生み出してほしいと願うばかりです。

アイスショーと合宿の夏

7月も、日本各地でアイスショーが開催されました。そのうちのひとつ、ドリーム・オン・アイスでは、日本のトップ選手たちが、新シーズンの新しいプログラムを披露しました。

そのなかでもっとも話題をさらったひとりが、ゲストとして出演した、現世界チャンピオンのエフゲニア・メドベージェワでした。以前から公言しているように、「セーラームーン」ファンの彼女は、セーラー服姿でリンクに登場すると、プログラム途中でセーラームーンの衣装に変身し、最後には「月に代わっておしおきよ!」と録音した自らの声に合わせて、セーラームーンの決めポーズを見せ、会場を沸きに沸かせました。

さらに、中国・北京で開催されたAMAZING on ICEにはエフゲニー・プルシェンコが登場し、ボーヤン・ジンとともに、2人それぞれの代表作のひとつでもある『タンゴ・アモーレ』を一緒に披露しました。また、ウェンジン・スイ&コン・ハンは、シーズン後に両足首を手術したスイがまだ演技できないことから、ハンが1人で演技したあと、車いすで登場したスイとともに観客に挨拶したり、昨シーズン末にパートナーを入れ替える形で結成されたチェン・パン&ヤン・ジンシャオユー・ユー&ハオ・ジャンの新しい2組のペアが演技したり、中国の3組のペア、それぞれのドラマもこのショーで見ることができました。

また、7月下旬から8月上旬にかけて、野辺山での全国有望新人発掘合宿(ノービス)、中京大学での全日本ジュニア強化合宿、軽井沢での全日本シニア強化合宿、と、各世代の日本トップ選手たちの合宿が開催されました。ノービスA、ジュニア、シニアのそれぞれの合宿には、講師としてステファン・ランビエルが参加し、熱く指導を繰り返しました。

その他スケート周りのさまざま

リオ五輪開催前の今、各競技のロシア選手たちのドーピング問題が取り沙汰されていますが、その影響から、今年11月のグランプリシリーズロシア大会(ロステレコム杯)が開催できるかどうか、という状況になっています。決定は9月のようです。

また、毎年シーズンオフに見られるように、今月も結婚の報告もありました。
6月下旬には、アレクサ・シメカ&クリス・クニエリムのペアが1年弱の婚約期間を経て結婚。アイスダンスのエカテリーナ・ボブロワと、ペアのアンドレイ・デプタトも、7月16日に結婚しました。平昌五輪にむけて、公私ともに充実させる姿を楽しみにしたいです。



さて8月もスタートしています。真夏!な今ですが、すでにアジアでの大会がスタートしていますし、下旬にはジュニアグランプリシリーズも始まります。少しずつ始動しているフィギュアスケート界を、1か月後にまたお届けします。




この記事に関するアンケートはこちら



【関連記事をもっと読む】

 

▼コラム提供サイトはこちら

生活総合情報サイトAll About(オールアバウト)。その道のプロ(専門家)が、日常生活をより豊かに快適にするノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで、多彩なコンテンツを発信。

みんなの声

スポーツ

映画