メッシ、痛み抱えながら1ゴール W杯予選ベネズエラ戦は欠場へ|コラミィ× スポーツ

W杯予選ベネズエラ戦を欠場する見込みとなったメッシ(Getty Images)

 現地時間1日(以下現地時間)に行なわれた2018年W杯南米予選で、“復帰ゴール”を挙げてウルグアイ戦勝利に貢献したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだが、そ径部を傷めて同予選を欠場することになったようだ。

 代表引退発言を撤回してから初の代表戦に臨んだメッシは、ウルグアイ相手に1ゴールをマークし、チームに勝ち点3をもたらした。しかし、スペイン『マルカ』紙(電子版)など複数のメディアは2日、メッシがそ径部に痛みを抱えながらこの一戦に臨んだと報道。同選手の「すごく痛いけど、あれだけの騒動のあとだから、ウルグアイ戦は欠場したくなかった」とのコメントを伝えていた。

 報道によれば、エドガルド・バウザ監督はメッシに無理をさせたくない様子。「リスクを冒すつもりはないので、(6日の)ベネズエラ戦では起用しないことに決めた」とコメント。上位4チームが無条件でW杯出場権を得られる南米予選で首位につけていることもあり、一足先に所属先のバルセロナ(スペイン)へ帰すことにしたようだ。