アーセナルの韋駄天、9歳年上の美人女優とロマンス発覚 一方エジルは…|コラミィ× スポーツ

(Getty Images) width=(Getty Images)

目下公式戦5連勝中と好調のアーセナル。優雅に攻撃のタクトを振るメスート・エジルと、圧倒的なスピードで右サイドを疾走するエクトル・ベジェリンは、ピッチ内で一際眩い輝きを放つ2人だが、プライベートでは明暗が分かれたようだ。

 ピッチ外でも好調で、人生バラ色モードなのが、21歳のベジェリン。40メートルを4.4秒で走り抜ける韋駄天は9月後半、インド出身の美人女優エシャ・グプタさんとのデートをタブロイド紙『ザ・サン』にすっぱ抜かれた。

 ダメージジーンズに黒のインナー、レザージャケットでクールにきめたスペイン人サイドバックは、ロンドンの一角でグプタさんと待ち合わせ。残念ながら路上ではスピードを活かせず9歳年上のレディーを待たせる格好となってしまったが、合流するや否やグプタさんは上機嫌に。

 というのも、彼女は根っからのアーセナルファン。スタジアムに度々足を運び、サンティ・カソルラ、ロベール・ピレス氏などとのツーショットをSNSにアップしているほど、ガナーズ愛は強い。そんな心のクラブの選手とのデートに、胸が弾まないわけがない。

 2人はロンドン市内のレストラン『Vanilla Black』で約3時間にわたってディナーを楽しんだのち、ベジェリンの愛車メルセデスで夜の街へと消えていった。ベジェリンは写真を撮られていることに気付き、あえて笑顔を振りまいているかのように見えるほど上機嫌だった。

 対照的に、よもやのトラブルを抱えてしまったのがエジル。ドイツ代表の魔術師は自身がダメ押しゴールを奪ったチェルシーとのビッグ・ロンドンダービー(3対0)後、ロンドン市内の人気ナイトクラブ『Libertines』で祝勝会。

 と、ここまでは完璧な夜を過ごしていたが、ナイトクラブからエジルとともに出てきたガールフレンドのマンディ・カプリストさんの目には涙が。車内でエジルが必死に慰めるも、カプリストさんの涙は止まらず…2人の間に何があったかは不明だが、頭痛の種を抱えてしまったことは間違いないだろう。

 インビンシブルズ(無敵)と呼ばれた2003-04シーズン以来のプレミアリーグ制覇をねらうアーセナル。今季は長年の懸案だった最終ラインに一線級のシュコドラン・ムスタフィを確保し、前線はアレクシス・サンチェス、テオ・ウォルコットらが開幕から好調。多士済済の戦力を誇る自慢の中盤はスピーディかつ優雅な連携を見せるなど、今年は、閉塞感のあった近年とは一味違うチームに仕上がっている印象だ。アルセーヌ・ヴェンゲル監督は、ピッチ外の出来事にチームが影響されないことを願うばかりだろう。