凱旋門賞でいきなり出た高額配当 奥深い海外競馬の魅力に酔いしれる|コラミィ× スポーツ

今年の凱旋門賞はファウンドの優勝で幕を閉じた。今年の凱旋門賞はファウンドの優勝で幕を閉じた。

コースレコードで決着

 今年の凱旋門賞は、シャンティイ競馬場で史上初めて行われ、ファウンド(牝4)が優勝。2着、3着にはそれぞれハイランドリール(牡4)、オーダーオブセントジョージ(牡4)が入り、アイルランドのエイダン・オブライエン厩舎が1~3位までを独占した。レースは、ヴェデヴァニが引っ張り、直線に入るとファウンドが内から突き抜け、ハイランドリールの猛追をしのいだ。5戦連続でGI2着と惜敗続きだった4歳牝馬は、2015年のブリーダーズカップターフ以来となる、自身3つ目のGIを手にした。シャンティイ競馬は前日から先行馬が上位に入線した結果となっており、この日も最初の2レースで先行した馬が優勝していた。勝ちタイムは2分23秒61のレースレコード。前日に行われた同距離のロワイヤリュー賞(G2)より約8秒早く、スピード、持久力の両方が必要とされる結果となった。

凱旋門賞はお祭り騒ぎ

 ロンシャン競馬場が改修のため、史上初めてシャンティイ競馬場で行われた。舞台となったシャンティイ競馬場は、パリ北駅から電車で北へ約30分いったところに位置する。競馬場があるChantilly-gouvieux駅を降りるとほのかに馬の香りがしてくる。日本でいうと、大井競馬場前駅のといった感じか。駅を降りると競馬場はすぐに見えるが、入り口は約10分ほど歩いたところ。道中は、直線コース脇を歩いていく。競馬場内に一歩足を踏み入れると、異空間に来たように錯覚させられる。凱旋門ウィークということも手伝ってか、つば広帽子にドレスをまとった女性がいれば、スーツ姿の男性もいる。大レースでの正装は、普通なのかもしれない。また、そこかしこに売店が並び、ビール、ワイン、アイスクリーム、ワッフルなどが売られ、人々は凱旋門賞というお祭りを楽しんでいる。ただ、そこはギャンブル。レースが始まると、思い思いの馬に大声で声援を送り、馬券が的中してはしゃぐ人もいれば、がっくりと肩を落とす人もいた。

奥が深い海外競馬

 今年の凱旋門賞から日本で海外馬券の購入が可能となった。日本から挑戦したマカヒキは14着と惨敗となったが。日本の競馬ファンは世界最高峰のレースに酔いしれた。それを象徴するのが、馬券の売り上げ。総売り上げは、41億8599万5100円。JRAの想定を大きく上回ったようだ。配当では、3連単で380,060円、馬連でも13,800円の高額配当となった。ヨーロッパのブックメーカーの単勝と比べると、ファウンドは日本とそれほど差異はなかったが、ハイランドリール、オーダーオブセントジョージはそれぞれ日本と差があった。日本で海外競馬はなじみが薄い。海外競馬は、厩舎、騎手、オーナーとの結びつきが結果にかなり色濃く反映される。今回で言えば、オブライエン厩舎のワンツースリーフィニッシュだった。騎乗したライアン・ムーア騎手はオブライエン厩舎の主戦騎手。そして、1~3着はすべてガリレオ産駒だった。海外競馬は奥が深い。知れば知るほど、海外競馬が楽しくなる。馬券購入が可能となり、日本の競馬に加えて海外の競馬熱が広がっていく予感をさせた今年の凱旋門賞だった。